仮想通貨第2位のイーサリアムが、国内で決済サービス

仮想通貨流通量世界2位、国内で決済サービス

「イーサリアム」飲食店などで

流通量が世界2位の仮想通貨「イーサリアム」が国内店舗で決済に使えるようになる。仮想通貨取引所を運営するリミックスポイントは29日からイーサリアムによる決済サービスを飲食店や小売店向けなどに提供を始める。消費者の利便性向上につながり、仮想通貨による決済普及に弾みがつきそうだ。

引用元:日本経済新聞

 イーサリアムの時価総額は約3兆円と、流通量が世界首位のビットコイン(約7兆円)に次ぐ。ビットコインに比べて取引完了にかかる時間が短いのが特徴だが、国内では投資目的や海外送金などに利用がとどまっていた。海外ではすでに米国などで実店舗で決済に使われている。

 消費者がスマートフォンを通じ店舗でイーサリアムで決済すると、即座に円に換金され店舗の口座に振り込まれる。リミックスポイントは2年以内に飲食店やホテルなど5万店舗へ導入を目指す。自動車や不動産購入の決済でも利用を見込む。

 実店舗での仮想通貨の決済はビットコインが先行しており、国内では昨年末時点で4000店舗以上が導入している。外国人向けに仮想通貨の利用環境を整備したいと考える小売りや外食は多く、実店舗で使える仮想通貨の種類は今後も増えそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です