仮想通貨第2位のイーサリアムが、国内で決済サービス

仮想通貨流通量世界2位、国内で決済サービス

「イーサリアム」飲食店などで

流通量が世界2位の仮想通貨「イーサリアム」が国内店舗で決済に使えるようになる。仮想通貨取引所を運営するリミックスポイントは29日からイーサリアムによる決済サービスを飲食店や小売店向けなどに提供を始める。消費者の利便性向上につながり、仮想通貨による決済普及に弾みがつきそうだ。

引用元:日本経済新聞

 イーサリアムの時価総額は約3兆円と、流通量が世界首位のビットコイン(約7兆円)に次ぐ。ビットコインに比べて取引完了にかかる時間が短いのが特徴だが、国内では投資目的や海外送金などに利用がとどまっていた。海外ではすでに米国などで実店舗で決済に使われている。

 消費者がスマートフォンを通じ店舗でイーサリアムで決済すると、即座に円に換金され店舗の口座に振り込まれる。リミックスポイントは2年以内に飲食店やホテルなど5万店舗へ導入を目指す。自動車や不動産購入の決済でも利用を見込む。

 実店舗での仮想通貨の決済はビットコインが先行しており、国内では昨年末時点で4000店舗以上が導入している。外国人向けに仮想通貨の利用環境を整備したいと考える小売りや外食は多く、実店舗で使える仮想通貨の種類は今後も増えそうだ。

あの、リップルのSBIホールディングスが、いよいよ【Sコイン】発行!

SBI、仮想通貨「Sコイン」発行へ 低コストで決済

SBIホールディングスは独自の仮想通貨「Sコイン」を新たに発行し、小売店舗などでの消費者の決済手段として普及を目指す。独自の決済基盤システムを開発することで、送金コストをほぼゼロにするほか、決済代金の即日現金化などを可能にする。店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やす狙い。

引用元: 日本経済新聞

 既存の通貨に基づくデジタルマネーとしてでなく、取引所で売買可能な仮想通貨としての発行を目指す。独自の決済基盤システムはブロックチェーン(分散型台帳)を応用することにより、決済する個人の特定や支払い、店舗側への即時入金などを可能にする。店舗にとってはクレジットカードや電子マネーなどの既存の決済手段に比べ、低コストで決済の仕組みを整えられる。

 「ビットコイン」をはじめとした仮想通貨は、値動きの大きさなどから投機目的の売買が中心となっている。Sコインは日本円との安定した交換レートを常に提供することで、決済手段として普及させたい考え。まずは来春から実験的に社員にSコインを配布し、本社の近隣店舗で利用できるようにする方向だ。

 また今回開発する決済基盤システムは仮想通貨だけでなく、デジタルマネーなどの決済にも対応可能となる。同システムを活用し、地方自治体や事業会社向けに独自のコイン発行サービスも手掛ける見通しだ。

仮想通貨全体の時価総額ランキングをリアルタイムで知る

CryptoCurrency Market Capitalization(クリプトカレンシーマーケットキャップ)

もっともオススメCryptoCurrency Market Capitalization。2013年5月リリース。データは5分毎に更新。

Coincap(コインキャップ)

Coincap(コインキャップ)も表示価格を日本円に直すこともできます。アプリもあり。

CoinGecko(コインゲッコー)

仮想通貨をランキング形式で評価しているサイトです。
 
 
 
 

サイトの過去履歴をみるなら

wayback machine

 
wayback machine を使って、過去の仮想通貨の金額を見てみよう
coinmarketcap.com