三菱UFJ、新技術の海外送金を来年導入 手数料安く

三菱東京UFJ銀行が来年よりブロックチェーンを技術を使った海外送金サービスを始めるというニュースについて、各紙一斉に報じた。

引用:朝日新聞デジタル 三菱UFJ、新技術の海外送金を来年導入 手数料安く

 三菱東京UFJ銀行は来年初めから、新技術を使った海外送金サービスを始める。仮想通貨などの基盤となるブロックチェーン技術を活用し、いまは数日かかる送金がすぐ完了し、手数料も安くなる見通しだ。

 技術は米ベンチャー・リップルが提供する。米バンクオブアメリカ・メリルリンチや英スタンダードチャータード銀行など海外大手6行と連携して具体的な仕組みづくりを進める。

 仲介機関などを通さずに銀行同士が直接やりとりするため、利用者の依頼とほぼ同時にお金を届けられるようになる。大規模なサーバーが不要になり、システムの開発費用も圧縮できるため、いまは数千円かかる送金手数料は引き下げられる見込みだ。

 新サービスの提供に向けた準備を4月以降に始め、個人向けサービスを来年3月までに立ち上げる。企業向けにも広げる方針だ。

引用:JIJI.COM 仮想通貨技術で国際送金=来年から、米欧など6行と連携-三菱UFJ

 三菱東京UFJ銀行は31日、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチなど米欧やカナダ、オーストラリアの大手金融機関6社と連携し、2018年初めにも新たな国際送金サービスを始めると発表した。ブロックチェーンと呼ばれる仮想通貨の中核技術を活用。これまで数日かかっていた国際送金が即日決済できるようになる。
 現行の国際送金では、各国の金融機関とつながる国際銀行間通信協会(SWIFT)のネットワークを使用。三菱東京UFJの場合、手数料は最大で5500円掛かっているが、新サービスの導入で引き下げられる見通し。
 ブロックチェーンは取引を一括管理する大掛かりなシステムが必要ないため、低コストで済み、改ざんなどの不正も起きにくいとされる。新サービスは、米ベンチャーのリップル社(サンフランシスコ市)が持つ技術を利用して個人向けから始め、順次対象を拡大する計画だ。
 新サービスには、英国のスタンダードチャータード銀行、カナダのCIBCとロイヤル・バンク・オブ・カナダ、豪州のウェストパック銀行、スペインのサンタンデールも参加する。

引用:産経ニュース 三菱UFJ銀、米英金融機関と連携強化…海外送金効率化へ

 三菱東京UFJ銀行は31日、海外送金の効率化を狙って米英などの銀行と連携すると発表した。ITを用いた次世代型の国際送金の実現を目指し、米ベンチャーの「リップル」が主催する団体に参加。利用のためのルール作りを主導する。

 リップルのシステムは、ネットワークで結んだ複数のコンピューターが取引を記録する「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を活用している。海外送金にかかる時間が大幅に短縮でき、コストも大きく減るという。

 三菱UFJは、このシステムによる実証実験を2017年度中に始め、18年度に個人向けサービスの本格開始を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です