イギリスの取引所「BITSTAMP」でRipple取引開始

RippleのXRPがヨーロッパ圏でも取引可能に!

引用元:Bitstamp: Ripple’s XRP a ‘Good Fit’ for EU License Requirements

In the world of altcoins, Litecoin, Ethereum, and even Monero have all had some moments in the sun. However, the one that may end up being the most successful of them all is Ripple (XRP), and they have joined Bitstamp’s digital currency exchange this week.

アルトコイン(または、オルトコインとは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味)の中でも、Litecoin(ライトコイン)、イーサリアム、そしてMonero(モネロ)さえも、日の目を見るのを待っています。しかし、アルトコインの中で最も成功するかもしれないものはRipple(リップル(XRP))で、今週「Bitstamp(イギリスの取引所)」のデジタル通貨交換ができるようになりました。

XRP TRADING COMES AT BITSTAMP
BITSTAMPでXRPの取引が可能になった

Beginning on Wednesday, Bitstamp users can create Ripple’s XRP deposits and withdrawals, with full-service trading to begin on Tuesday, January 17th. When full trading commences, there will be 0% in fees for the first 30 days.

水曜日にBitstampユーザーは、RippleのXRP預金と引き出しができるようになり、1月17日火曜日にはフルサービス取引を開始します。
フルサービスになると、最初の30日間の手数料は0%になります。

Bitstamp specifically cited a natural demand for Ripple that forced them to include Ripple’s XRP in their plans for 2017.

Bitstampは、2017年の計画の中で、リップルXRPを取り扱うことを掲げていました。

“After evaluating a number of digital currencies for inclusion on our exchange, it soon became clear that customer demand for XRP was particularly strong,” notes Nejc Kodrič, CEO at Bitstamp on their corporate blog.
Fortunately, Ripple and XRP also happen to be a good fit for the requirements of our EU license and so we are delighted to be able to respond to our customers’ needs in this way.

BitstampのCEOであるNejcKodrič氏は公式ブログ内このように述べています。
「当社の取引所で扱っているデジタル通貨を調べてみると、XRPに対する顧客の要望が特に強いことわかる。」
「また、RippleとXRPは幸運なことに、EUライセンスの要件に適しているため、このようにお客様のニーズに対応できることを嬉しく思っています。」

Ripple has become a new digital banking solution that naturally lowers the total cost of settlement by enabling banks to transact directly and with real-time certainty, with the ability to assist while using its Ripple assets, or not. Banks around the world are partnering with Ripple to improve their cross-border payment offerings, and to join its global network of financial institutions.

リップルは、銀行がリップルの資産運用をしている間でも、直接にリアルタイムで確実に取引できることにより、決済の総コストを自然に下げる新しいデジタルバンキングソリューションです。
世界中の銀行は、国境を越えた支払い業務を改善し、金融機関のグローバルネットワークに参加するために、リップルと提携しはじめています。

“The relationship with Bitstamp and launch of XRP volume incentives underscores our commitment to making XRP the institutional standard bearer for value transfer globally,”
notes Miguel Vias, Head of XRP Markets at Ripple.
“XRP is uniquely capable of introducing more liquidity to exchanges to support global payment volume, especially in exotic corridors.
Ripple’s adoption with banks puts XRP in pole position to become a global settlement asset, which translates to more liquidity for Bitstamp, and more value for institutional and individual investors.”

Ripple社のXRP Markets責任者、Miguel Vias氏は次のように述べています。「BitstampでXRPを取り扱うことにより、われわれの目標でもあった、XRPが世界基準になったことを示しています。 XRPは、グローバルな取引量をサポートできる程の流動取引を、特殊なコリドーの場合でも、独自に導入することができます。Rippleが銀行で採用されることは、XRPがポールポジションとなり、そしてますますBitstamp内で取引が増加し、機関投資家や個人投資家にとってより価値の高いグローバル決済資産となる」

RIPPLE MAKING WAVES IN THE BANKING INDUSTRY
銀行業界におけるリップルの波

Ripple announced last September that they had reached an agreement with several major banking interests to created the GPSG, or the Global Payments Steering Group. The concept is similar to the global banking network known as SWIFT, but designed for the digital age.

リップルは、昨年9月、GPSG(グローバルペイメントズステアリンググループ)を創設するためにいくつかの主要な銀行利益との合意に達したと発表しました。このコンセプトは、SWIFTとして知られているグローバル・バンキング・ネットワークに似ていますが、デジタル時代のために設計されています。

The banking interests involved in the founding of this new venture are a virtual who’s-who of major banking corporations, including Bank of America/Merrill Lynch, Santander, UniCredit, Standard Chartered, Westpac Banking Corporation, and Royal Bank of Canada.

この新しいベンチャー(GPSG)の設立に関わる銀行は、バンクオブアメリカ/メリルリンチ、サンタンデール、ユニクレジット、スタンダードチャータード、ウェストパック銀行、ロイヤルバンクオブカナダを含む大手銀行企業のいずれかである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)